【レバレッジとは?】FXのレバレッジの仕組みやリスクを解説

 

こんにちはナースマン修ちゃんです。

 

 

レバレッジを聞いたことはありますか。

 

 

聞いたことあるけどよく分からない人もいるかと思います(;゚Д゚)

 

 

今回はFXの特徴であるレバレッジの仕組みやリスクについてお話したいと思います。

 

 

FXのレバレッジとは 

 

 

レバレッジとは日本語で「てこ」を意味する言葉です。

 

 

てこをイメージしてください。

 

 

てこを利用して自分の資金は少額でも大きなお金を動かすことができます。

 

 

資金以上の取引が可能になるのでレバレッジと呼ばれるのです。

 

 

簡単に考えると、投資により5000円の利益がでる場合にレバレッジを10倍でかけていれば50000円の利益がでます。

 

 

大きな金額を動かせるため、少額であってもこのように大きな利益を狙うことが可能となるのです。

 

 

レバレッジは日本では最高が25倍までを上限として定められています。

 

 

どのFX会社も最高25倍まで設定されていることが多いです。

 

 

FXのレバレッジには証拠金が必要

 

 

レバレッジをかけるには証拠金が必要となります。

 

 

証拠金とはFXに担保として預けるお金のことを指します。

 

 

レバレッジを行うにはルールがあり、個人投資家の場合、総取引金額の4%以上の証拠金が必要となります。

 

 

4%・・なかなかどのくらいかイメージつきませんよね( ´∀` )

 

 

例として、1ドル=100円の時を考えてみます。

 

 

1万ドル通貨を取引するために必要な金額は単純に計算すると100万円必要となります。

 

 

これではお金をかなり持っている方でなければ取引はできませんね・・

 

 

しかし、レバレッジを使えば100万円も用意する必要はなく最小4万円で行えます( ´∀` )

 

 

このルールのことを証拠金規制といいます。

 

 

個人投資家の場合、総取引金額の4%以上の証拠金を預けることを義務付けるというルールです。

 

 

100万円の取引をする場合、4%にあたる4万円以上の証拠金が必要となります。

 

 

つまり、4万円を25倍すれば100万円になるため、レバレッジを最大の25倍とすれば4万円で取引は成り立つのです。

 

 

FXではレバレッジにより少額による取引が行えることが大きな特徴ですね。

 

 

しかし、25倍までの金額を動かせてしまうのは凄いことですね(;゚Д゚)

 

 

FXのレバレッジで起こるリスク

 

 

ここまでの説明でレバレッジが大きな金額を取引できると言いました。

 

 

レバレッジを使い大きな利益を出す可能性が生まれますが、当然相場が予想の逆に進んでしまった場合に大きな損益を出すリスクもあります。

 

 

最大25倍のレバレッジがかかりますので最大25倍の利益・損益の可能性が常にあるということです。

 

 

そのため儲けを出すために大きなレバレッジをかけるといった取引を続けてしまうと、大きな損益を抱えてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

 

また、FXにはロスカットというシステムがあります。          

 

 

 

レバレッジによる損失で、投資額以上の損益がでないようにFX会社の規定により途中で取引を終了するシステムです。

 

詳しく言うと、ロスカットは含み損が大きくなり必要証拠金の割合が一定まで下がることにより現在の取引が強制で決済されてしまいます。

 

 

つまり、自分の意図は関係なく強制的に取引が終了となってしまう可能性があります。

 

 

このような損失を防ぐためにどうしたら良いでしょうか。

 

 

レバレッジを初めから大きくかけないことが挙げられます。

 

 

私もそうですが、始めたばかりの頃たまたま取引が上手くいったので調子に乗って金額を上げてしまい大損失をだす・・ということがあります。

 

 

初心者は損失の可能性も考えて、自分がどこまでの損失に耐えられるかも計算することが必要です。

 

 

特に最初は低リスクで行っていくことがFXで勝っていくために最善であると言えます。

 

 

FXのレバレッジは自分で計算する

 

 

レバレッジは基本的にほとんどの会社では自分で設定はできません。

 

 

各社は実行レバレッジと呼ばれる制度をつかって自動でレバレッジを設定しています。

 

 

実行レバレッジは自分の取引金額と証拠金で計算することができます。

 

 

レバレッジの計算法は

 

 

取引金額÷証拠金=レバレッジ

 

 

となります。

 

 

つまり、取引金額を調整することによりレバレッジを調整することができます。

 

 

同じ取引金額でも証拠金が増えるとレバレッジは低くなり、逆に証拠金が減るとレバレッジは高くなります。

 

 

このようにレバレッジは細かく変動しますのでレバレッジが多くかかりすぎないように、少しずつ自分で調整できるように慣れていきましょう。

 

 

まとめ

 

 

今回はレバレッジについて説明しました。

 

 

レバレッジは最大25倍かけられるため、少額投資家には強い味方となります。

 

 

また、大きな利益を狙える大きな武器となるでしょう。

 

 

ですが反対に大きな損益につながるリスクも持っているため、諸刃の剣といえます・・

 

 

バランスをとって取引をしていくことが大事ですね。

 

 

特に初心者は低いレバレッジを心がけていきたいですね( ´∀` )

 

 

ここまでお付き合いありがとうございました。

 

 

修ちゃんのメルマガ始めました。

 

 

題して「修ちゃんの副業step up」

 

 

です(笑)。

 

 

副業に関しての最新の情報や口コミなどを発信していきたいと思います。

 

 

副業はじめるには何をしたらいいか分からない。

 

 

実際に行動するにはどうするのか。

 

 

副業について悩みがあるけど誰にも相談できない。

 

 

副業についてのやろうと思っているけどなかなか一歩を踏み出せないなど悩みを持っている方も多いと思います

 

 

このメルマガでそんな方に有用な情報を発信していけたらと思います。

 

 

 

 

⇒修ちゃんの副業step upにはこちらで登録できます

 

 

メルマガは無料ですし、いつでも配信解除できますので、お気軽に登録してみて下さい。

 

 

登録お待ちしています( ´∀` )

 

 

修ちゃんの無料相談はじめました。

 

 

⇒修ちゃんに無料相談する

 

 

副業に関する相談等ありましたらお気軽に連絡してください。

 

 

私の経験談やおすすめなどもできる範囲で教えていきたいと思います。

 

 

無料なのでお気軽に( ´∀` )

 

 

よろしくお願いいたします。